株式会社COW HAPPY求人募集

 

より良いサービスへ

私たち COW HAPPY では削蹄の未来を共に切り拓く社員を募集しています。

受付フォームはこちら

 

(1年目給与)

基本給25万円+手当(月5万円)+賞与(25〜75万×年2回)

手当は年間で60万円(月5万円)を全ての方に支給します。

 

(2017年入社1年目給与)

485万円 支給額(基本給・手当+賞与)
(基本給25万+手当5万×12ケ月+(賞与25万×5ケ月分)

 

(加入保険)

社会保険 厚生年金 労災保険 雇用保険

 

(年間休日)
年間145日

 

(応募方法から採用までの流れ)

1仕事の見学:まずはどんな仕事かをぜひ見学して下さい。

  →2研修  :1ヶ月間研修期間も給料25万円です。

    →3本採用

 

 

 

 

 

COWHHAPPYとは

 

COW HAPPYは複数の削蹄所の代表を排出している方会社です。

安藤さん(安藤削蹄所代表)
佐藤さん(グッデイホフケア代表)

大友さん(大友削蹄研究所代表)

金澤さん(金澤削蹄所代表)

山本さん(丸削代表)

池田さん(ライズ九州支店長)

 

 

牛の幸せを中心に3つのサービスを提供している会社です。

削蹄:年3回各地の契約牧場にて削蹄

床面加工:牧場の滑り止め施工

用品販売:削蹄関連商品の輸入販売

 

 

どんな人が向いている?

 

ものづくりが好きな方にオススメです。

削蹄は牛の蹄を削り、歩きやすい蹄にすることが、

目的です。工作や家庭科が得意な人に向いています。

 

動物が好きな人にオススメです。

牛の気持ちになって考えてケアをする仕事です。

動物に優しく接することが好きな人に向いています。

 

 

将来の仕事を決める皆様にとって、知りたい事は何でしょうか?
1給料が良いか?  2休みはどのくらいか? 3一緒に働きたい人達か?

4将来性があるか?  5どんな仕事か? 5どんな会社か?

この5つにストレートに答えていきたいと思います。

少し興味はあるけれど、やった事無い。

仕事って体験してみないとわからない。

 

 

(給に与形態)

基本給25万円

+手当(月5万円)

 

(加入保険)

社会保険 厚生年金 労災保険 雇用保険

 

(年間休日)
年間145日

 

(応募方法から採用までの流れ)

仕事の見学:まずはどんな仕事かをぜひ見学下さい。

  →研修  :1ヶ月間研修期間も給料25万円です。

    →本採用

 

 

 

昇級あり

 

(モデル給与) 2017年度実績

入社2年目 COW HAPPYは複数の削蹄師を排出している会社です。

安藤さん(安藤削蹄所代表)
佐藤さん(グッデイホフケア代表)

大友さん(大友削蹄研究所代表)

金澤さん(金澤削蹄所代表)

山本さん(丸削代表)

池田さん(ライズ九州支店長)

年収460万円

25万円+出張手当5万円 月給30万円

ボーナス2ヶ月×2回    年100万円

 

(加入保険)

社会保険 厚生年金 労災保険 雇用保険

 

 

興味がある方はぜひ見学してください。

 

見学受付フォームはこちらです。

 

 

コラム

削蹄(さくてい)って何?

削蹄とは蹄(ヒヅメ)を削ることを言います。

 

なぜ蹄を削る必要があるのか?

野生で暮らす生き物は一日に何キロも歩くため蹄が磨耗します。

現在、多くの牛は限られたスペースで飼われていて、

蹄が磨耗するほど、十分な歩行はできない状態にあります。

そこで、削蹄が必要になるのです。

 

削蹄の間隔はどのくらい?

飼われ方によっても変わりますが、
基本的には、年に3回のペースで削蹄を行なっています。

 

蹄はどんなもの?
蹄は内蹄と外蹄の2つからなります。

内蹄は内側の蹄。外蹄は外側の蹄のことです。

 

こちらはオススメの本です。

 →牛のフットケアと削蹄

 

 

削蹄(さくてい)はどんな仕事?

削蹄は “ものづくり” に似ています。

牛の生活に理想的な蹄の形に削る仕事です。

 

写真は G’day Hoof Care グッデイホーフケア代表の

佐藤さんです。弊社を卒業した素晴らしき先輩です。

G’day Hoof Careブログ

     → https://ameblo.jp/gooddaycowhoofcare/

 

 

 

理想的な蹄の形とは?

負面・角度・長さ・バランスが良い事が理想的な蹄の形です。

 

負面とは
負面(ふめん)とは、地面と触れている部分を言います。

この面が少ないと、安定して立つ事ができません。

適切な負面を作ってあげる事が大切です。

 

角度とは

(牛や環境によっての違いもあります。ここではわかりやすく)

角度の理想は52°です。

なぜ52°なのかを知れば、その理由がわかります。

健康な若い牛の蹄を蹄を割った断面を見ると、

蹄の組織である真皮(しんぴ)の角度が52°です。

この角度から蹄角52°が理想と考えられています。

 

長さとは

牛の大きさや年齢によって変わります。

牛のサイズを見極めて、適切な長さに削蹄する事が大切です。

 

バランスとは
内蹄と外蹄のバランス。

左右の肢のバランス。

 

 

蹄は牛の健康の基盤

私たちも人間も、足が痛いと色々なことを面倒に感じてきませんか?

牛は肢(あし)を痛めると、エサを食べにいく回数が減ります。

水を飲みに行く回数も減ります。

乳量は減り、体は衰えて痩せていきます、最悪な場合は死んでしまいます。

蹄は健康の基盤です。

 

牛は話せない

話せない牛の気持ちを蹄を通して読み取って、

理想の靴を作ってあげる仕事なのです。

 

牛の気持ちになって、仕事に打ち込める。

そんな社員をCOW HAPPYでは募集しています。

 

興味がある方、見学をしてみたい方は

COW HAPPY 見学受付フォームより連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  フォームを送信中...サーバーにエラーが発生しました。フォームを送信しました。   

 

 

COW HAPPY 株式会社

〒407−0302 山梨県北杜市高根町浅川275−159

cowhappygroup@gmail.com

お問い合わせはこちらをクリック

床面施工のお問い合わせはこちらをクリック